東京芸術大学大学美術館 展覧会のご案内

藝大コレクション展 2019

■会期
第1期:2019年4月6日(土) - 5月6日(月・休)
第2期:2019年5月14日(火) - 6月16日(日)
※ 大幅な展示替えがございます。
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)
■会場
東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1
■観覧料
一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料

円山応挙から近代京都画壇へ

■会期
2019年8月3日(土)~9月29日(日)
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
月曜日 ※ただし、月曜日が祝日または振替休日の場合は開館、翌日休館
■会場
東京藝術大学大学美術館

美術館・博物館・展覧会@図録ドットJP > 早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館 >

図録 / 広場をつくる 広場を動かす -日本の仮説劇場の半世紀-展

800円 (税込) 送料別

個数

  • 発行年:2011年
  • 頁数:56頁
  • サイズ:220×210mm

目次

開催にあたって

ストやりながら謡の稽古-60年代末にはじまったわたしの能楽研究- / 竹本幹夫

第一部 仮設劇場の軌跡
 [インタビュー]
 デイヴィッド・グッドマン「アングラ演劇の秘密」

 見世物小屋の戦後史:藤平興行社

 都市との闘争:劇団状況劇場

 一枚の紙から立ち上がり、一翼の黒色テントが全国を覆う:演劇センター68 / 71

 自立した演劇制作の先駆け:未知座小劇場

 多層の空間・多層の音・多層の身体:維新派
 
 もっと粋に生きなあかん。:劇団犯罪友の会

 日本人は何処へ行くのか?-現代社会に差し出された毒林檎:新宿梁山泊

 年に一度の逸脱:水族館劇場

 「箱庭の暴動」に終わらない旅を目指して:曲馬舘

[論考]
 未知なる観客=演劇外大衆を求めて-曲馬舘レポート- / 西堂行人

 関西の野外演劇事情 / 畑律汪

 
第二部 劇団状況劇場『続ジョン・シルバー』舞台写真

 唐十郎作・連作『ジョン・シルバー』解説

 舞台写真

Category Lineup


図録 / 大テレビドラマ博覧会

1800円


図録 / 落語とメディア

1500円


図録 / あゝ新宿 スペクタクルとしての都市

2160円


図録 / Who Dance?  振付のアクチュアリティ

2500円


図録 / 寄らば斬るぞ! 新国劇と剣劇の世界

1500円


図録 / サミュエル・ベケット ― ドアはわからないくらいに開いている

1500円



図録 / 今日もコロッケ、明日もコロッケ “益田太郎冠者喜劇”の大正 図録

900円


図録 / 豊竹山城少掾展

800円


図録 / Finding Shakespeare

1050円


図録 / 八代目市川團十郎展

840円


図録 / 日活向島と新派映画の時代展

800円


図録 / 中国人留学生と新劇

500円



図録 / 七代目市川團十郎展 - 生誕二百二十年によせて -

1000円


図録 / 表象とかたち 伊藤熹朔と昭和の舞台美術

500円


図録 / コレクションに見るロシア演劇のモダニズムとアヴァンギャルド

800円


図録 / 広場をつくる 広場を動かす -日本の仮説劇場の半世紀-展

800円


図録 / 二世 市川左團次展 -生誕一三〇年・没後七〇年によせて-

800円


図録 / メイエルホリドの演劇と生涯 -没後70年・復権55年

800円



図録 / 並木宗輔展 -浄瑠璃の黄金時代-

1000円


図録 / 六世中村歌右衛門

700円


図録 / 世阿弥発見100年 -吉田東伍と能楽研究の歩み-

500円


図録 / 三代目 坂東三津五郎展 -その足跡と衣装

800円


図録 / 演劇博物館80周年記念 名品図録

2000円


図録 / ニッポンの映像展

500円



図録 / 坂本万七 新劇写真展

1300円


図録 / 集団の声、集団の身体

800円


図録 / 演劇人 坪内逍遙

1000円


図録 / 古川ロッパとレヴュー時代 - モダン都市の歌・ダンス・笑い -

1200円


図録 / 日英交流 大阪歌舞伎展 - 上方役者絵と都市文化 -

2500円


図録 / 古典演劇譜本展

1000円



図録 / 劇場に生きる - 舞台人ルイ・ジュヴェ - 展

1000円


図録 / 「韓国の巫俗と芸能」展 神々の宇宙

1000円