東京芸術大学大学美術館 展覧会のご案内

藝大コレクション展 2019

■会期
第1期:2019年4月6日(土) - 5月6日(月・休)
第2期:2019年5月14日(火) - 6月16日(日)
※ 大幅な展示替えがございます。
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)
■会場
東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1
■観覧料
一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料

美術館・博物館・展覧会@図録ドットJP > セレネ美術館 >

図録 / 手塚雄二画集「幻の瀧」

5,300円 (税込) 送料別

個数

  • 発行年:1997年
  • 頁数:88頁
  • 図版点数:30点(うち素描16点)
  • サイズ:257×210mm

特装本 糸かがり上製本
紺クロス 麻布製夫婦函つき
ヴァンヌーボー紙使用 1,000部限定
奥付けに手塚雄二画伯の署名、印を添付

手塚雄二氏初の画集。近年の代表作品をはじめ、黒部峡谷に題材をとった作品を収録しており、手塚雄二氏の絵画世界が堪能できる。画集の題ともなっている「幻の瀧」は、黒部峡谷・剱沢に在る滝だが、この秘境を高嶋石盛氏の案内のもとに取材した時の状況が、作家本人の手記で綴られている。また奥付には、作家直筆の署名と印が施されている。

目次

作品1996-1986
邂逅 - 黒部峡谷
・ 画 - 手塚雄二 / 中村賢一
・ 黒部取材記
・ 憶 - 幻の瀧 / 手塚雄二
・ 剱大滝直登記 / 高嶋石盛
・ 未来への記憶 - セレネ美術館 / 濱田政利

収録作品

飛龍峡、黒の壁、星宿出録峰、幻の瀧、終宴、土中居、市民、市民、巌、慕、燿、洸、泉、飛龍峡、黒部ダム、雲切の滝、出六峰、幻の瀧、幻の瀧、十字峡、出平、欅平、八立つ嶺、市民、飛鳥川、ジャイプール、兵馬俑

Category Lineup